伊藤佐知子 《Li-ra》 のホームページへようこそ♪





わたしのこと・・・

メインクーンという、じゃがいもみたいな猫種の男の子「らら♪」と同居中。



私が幼いころ飼っていたにゃんこが「みみ♪」という名前でした。
というわけで・・・、つぎのにゃんこの名前は、「ふぁふぁ♪」かな?「しし♪」かな?

さて、メインクーンというのは、なんでも世界で一番大きなにゃんこみたいで、
私が歌のレッスンを始めようとピアノの前に座ると、「らら♪」はその大きな身体でピアノを占領し、鍵盤をふさいでしまう。
そして私が歌うと、一緒に「にゃあにゃあ」歌いはじめる。



そのうちひっくり返っておなかを出したままヽ(^o^)ノして気持ち良さそうに寝てしまう。
彼は私のファンなのか、ライバルなのか。
でもその安らかな寝顔を見ていると、どんないたずらもゆるせちゃうのにゃ。
にゃんことの生活は、楽しいにゃん




「Li-ra」というセカンドネームについて・・・

Lira はイタリア語で弦楽器のこと、本来は古代ギリシャの「たて琴」を意味するそうです。
またリラは、フランスで愛される街路樹ライラックでもありますね。
いつも人々のそばで美しい音色で歌い続けていけますように、
との願いを「Li-ra]という名前に込めました。
ちなみに、リラは日本名では「紫丁香花」と云うそう・・・。
なんとも文字から色と香りがあふれ出てきて、クラクラしそう・・・。




小笠原流礼法、小原流いけばな、茶道裏千家など広く浅くをモットーに
いろいろチャレンジしてきた私ですが、唯一、深くはまり込んでしまったのがシャンソンの世界。
聴いてくださる方と、歌を通じて一緒に笑ったり、泣いたり、希望を持ったり、癒されたり・・・と、
皆さんと心がひとつになれるような歌をうたっていきたいと思っています。
「Chanson こころの風景」を、皆さんと一緒に描いていけますように!




こんな私ですが、皆さまの心に残る歌をうたえるように、そして皆さまから愛されるように、
これからも精進を重ねてまいります。
今後とも応援いただけましたらとても嬉しく存じます。

皆さまとお会いできる日を、心から楽しみにしております。



2016 伊藤佐知子リサイタルU
ひかり・愛・あなた 〜シャンソンの調べとともに〜
2016年9月18日〔日〕 15時開演 
盛岡市民文化ホール〔マリオス〕小ホール












9月18日のリサイタルには、たくさんのお客さまにお越しいただきまして、ありがとうございました。
岩手山の懐に抱かれた大好きな故郷・盛岡で、内山誠さんの深くて美しいピアノの調べ、
そしてスペシャルゲスト青木裕史さんの素晴らしい歌声と、
貴公子のような凛としたお姿に支えられてリサイタルができました幸せに、心から感謝申し上げます。
お越しくださいました皆さま、本当にありがとうございました。
リサイタルの一部をYouTubeに公開いたします。
ご覧いただけましたら、嬉しく思います。」




伊藤佐知子リサイタル U


踊りあかそう I Could Have Danced All Night

 スィング Sing

ジュテムレ Je t’aimerai


それが貴方なら Si tu etais

ジュ・トゥ・ヴ(あなたが欲しい) Je te veux シェルブールの雨傘 Les parapluies de Cherbourg

世界の果てに Emmenez-moi

逝きし人たち Les ames en allees

やくそく

この他の曲も準備が出来次第アップします。




第30回日本アマチュアシャンソンコンクール全国大会 「永遠の愛」


伊藤佐知子(Li-ra) プロフィール

岩手県盛岡市出身。現在は宮城県仙台市在住。
盛岡白百合学園高等学校合唱部を経て、学習院輔仁会音楽部所属時にOGである現皇太子殿下と共演。
シャンソンをピアニストの葛西暉武氏に師事。

日本アマチュアシャンソンコンクール東北大会では優勝・歌唱賞をはじめ、数多くの賞を受賞し、
2011年、2012年、2014年、2015年、2016年に東北代表として全国大会に出場。

2012年 第28回日本アマチュアシャンソンコンクール全国大会 《歌唱賞》受賞。
2013年 第7回浜松シャンソンコンクール 《準グランプリ》受賞。
2014年 第1回 東京シャンソンコンクール 《歌唱賞》受賞。
2015年 第31回日本アマチュアシャンソンコンクール全国大会 《奨励賞》受賞。
2016年 第3回 東京シャンソンコンクール 《歌唱賞》受賞。


2013年より「るたんフェスティバル」(ヤクルトホール)に出演。
2015年 「三越劇場ポピュラーハイライト2015」(三越劇場 永田文夫氏主宰)に出演。
「仙台パリ祭」(電力ホール)には、今年で8回目の出場。

2012年 故郷の盛岡市「おでってホール」にて第1回リサイタルを開催。



仙台音楽座コンサート アズナヴールの「アヴェマリア」


その透明感ある歌声と、広い音域を生かした歌唱は、聴く人の心を魅了する。
また、、作詞も手がけ、葛西暉武氏とのコラボレーションで楽曲を発表。
愛娘を亡くした経験から、現在、「せんだいメディアテーク」で目の不自由な方への音訳ボランティアとしても活動中。
音訳のほか、映画の音声解説、目の不自由な方向けのコミュニティFMラジオ番組制作・出演など幅広く活躍。
著書に「あやちゃんね ぶっぷでおうちにかえりたい」。



第3回東京シャンソンコンクール 歌唱賞 「シェルブールの雨傘」



プロムナード(仙台)のエンディングで 「ひなまつり」を歌う



第7回 浜松シャンソンkコンクール 準グランプリ受賞










伊藤佐知子 「それが貴方なら」 

伊藤佐知子 「シェルブールの雨傘」





チケットのお申し込み、出演依頼などのお問い合わせは下記のメールアドレスへお願い致します。

qqtv7dv9k(あっとまーく)aroma.ocn.ne.jp



アミカル・ド・シャンソン

東京日仏文化サロン





上のバナーをクリックすると案内のページに行きます。